ABOUT

About

CONCEPT

錦山窯は石川県小松市高堂町にある九谷焼上絵付を専業とする窯元です。

窯の始まりはおよそ百年前、1906(明治39)年に、初代吉田庄作が同地で作陶を開始、現在の当主は四代目にあたります。
加賀藩の御用窯として発展した九谷焼は、色絵や金襴手などの華やかで繊細な絵付が特徴で、明治時代から海外へも多く輸出され、その技術力と造形美は世界からも高い評価を受けてきました。長い年月の間に多くの陶工達が生み出した九谷ならではの様々な技法があり、錦山窯もそれらを継承し製品作りに活かしています。

九谷焼の伝統技法の中でも、錦山窯は特に金彩の技法に秀でており、金襴手、釉裏金彩、色絵金彩など、代々金を使った絵付を特徴としてきました。 
小松市は金箔の産地である金沢市と近く、金は昔から身近な存在でした。錦山窯でも金箔をすりつぶし金泥絵の具を自家製で作るなど、長年の経験からその扱いに手慣れ、箔や金泥など金での絵付の技は多彩で、様々な手法を手がけています。
初代、二代目はいわゆる「金彩細密画」とよばれる、華やかな九谷らしい彩色金襴手を得意とし、三代目美統は「釉裏金彩」の技術を高め、国指定重要無形文化財保持者(人間国宝) の認定を受けています。その後を継ぐ四代目幸央は、これまでの伝統を継承しながら、現代に活かす陶芸を模索し技術の研鑽に努めています。

錦山窯では絵付けに転写などは行わず、筆でひとつひとつの模様を丁寧に描いています。百年の歴史が培った伝統技法と伝統意匠を、これからの百年に活かしていくことが錦山窯の目標です。

HISTORY

初代(庄作)
明治33年 九谷焼陶芸家田中領山堂に入門し、作陶を学ぶ。
明治39年 独立し、錦山と号す。その後金彩技法に工夫をし、錦絵風画法をなす。

二代(清一)
初代の作風を伝え、青九谷の技法も加えて各種美術展、工芸展に入賞す。
且つ、戦時の金銀統制令下に於いて九谷のデザインを改良、多数の新しい試作品を制作する。

三代(美統)
昭和20年 錦山窯を襲ぐ。
平成4年 日本伝統工芸展、高松宮記念賞。石川県指定無形文化財九谷焼技術保存会技術保持者に認定。
平成7年・平成6年度の日本陶磁協会賞受賞。
平成12年 第47回日本伝統工芸展保持者受賞。
平成13年 紫綬褒章受章。国指定重要無形文化財釉裏金彩の保持者に認定される。
平成18年 業界に対する功績により旭日小綬章を受章する。

当代(幸央) 
昭和60年 朝日陶芸展奨励賞受章 平成4年伝統九谷焼工芸展大賞
平成6年 高岡クラフト展金賞
平成9年 国際色絵陶磁器コンペティション 97 九谷準大賞 
      第23回長三賞陶芸展奨励賞
平成11年 国際陶芸ビエンナーレ 99 特別賞
平成12年 第2回現代茶陶展 TOKI 織部銀賞
平成20年 ローマ賞展優秀賞
平成 22 年日本伝統工芸展高松宮記念賞
日本工芸会正会員
一水会陶芸部委員
金沢美術工芸非常勤講師

明治 33 年初代錦山陶芸を志してより、百有余年四代にわたり、絢爛たる九谷の伝統を受け継ぎ、更に新しい試みを目指し、作陶一筋で今日に至る。

PROFILE

  • Yukio
    錦山窯四代
    吉田 幸央 Yoshita Yukio
    日本工芸会正会員
    日本陶芸美術協会常任幹事
    石川県九谷焼技術保存会会員
    金沢美術工芸大学非常勤講師
    Public Collection
    石川県立美術館
    小松市立博物館
    インディアナポリス美術館
    ビクトリア&アルバート美術館
  • Rumiko
    錦山窯アートディレクター
    吉田 るみこ Yoshita Rumiko
    金沢大学卒業
    石川県立九谷焼技術研修所卒業
    朝日現代クラフト展( 優秀賞)